皇室・皇族関連

歯科医師・伊藤恵吾のWikiプロフ!学歴経歴まとめ【顔画像】

2022年8月12日

伊藤恵吾-プロフィール-
スポンサーリンク

東京都練馬区氷川台で歯科医を務める伊藤恵吾(いとう・けいご)さん。

父親と弟と一緒に「伊藤歯科医院」に歯科医師として勤務しています。

幼少期から学習院に通い、学生時代はアイスホッケーをしていたとか。

この記事では

伊藤圭吾さんのWikiプロフ、学歴・経歴、勤務先

など、歯科医・伊藤圭吾さんについてまとめました!

スポンサーリンク

【顔画像】伊藤圭吾Wiki風プロフ

歯科医師・伊藤圭吾さんのプロフィールはこちら。

歯科医師・伊藤圭吾
引用:伊藤歯科医院ホームページ

伊藤圭吾(いとう・けいご)

  • 出身地:東京都練馬区
  • 生年月日:1994年??月 or 1995年1~3月
  • 年齢:28歳 or 27歳(2022年8月時点)
  • 出身小学校:学習院初等科
  • 出身中学校:学習院中等科
  • 出身高校:学習院高等科
  • 出身大学:昭和大学歯学部
  • 研修先:昭和大学歯科病院
  • 勤務先:伊藤歯科医院

伊藤圭吾さんは2001年4月に学習院初等科に入学しているので、現在28か27歳です。

高校まで学習院で学び、小学校4年生の頃~大学までアイスホッケーをしていたようです。

弟さんも小学校から学習院で学び、父親も母親も学習院出身と、学習院一家の家庭で育っています。

物腰の柔らかそうな、優しい雰囲気の方ですね

続いて、伊藤恵吾さんの学歴・経歴について、詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

伊藤恵吾の学歴①学習院初等科

学習院初等科
引用:東京私立初等学校協会

伊藤恵吾さんは小学校から高校まで学習院で学んでいます。

「学習院」と言えば

  • 皇族方が通われる学校
  • お坊ちゃん・お嬢様校

として有名ですが

伊藤圭吾さんは2001年4月に学習院初等科に入学しているので、佳子さまと同級生ということになりますね。

学習院初等科は「全学年4クラス」だそうなので、佳子さまとクラスメイトだったこともあるかもしれません^^

1クラスの定員は34名のようです

学習院初等科の入学試験

学習院初等科のイメージ画像
引用:学習院初等科ホームページ

学習院初等科の入学試験は

個別テスト、集団テスト、運動テスト、保護者面談

の構成で行われます。

個別テスト

  • 絵を見たあとにその内容について答える
  • 話を聞いたあとに自分の考えを伝える
  • 一部が空欄になっている絵を見てお話を作る
  • 間違い探し

などが出題される。

ペーパーテストではなく、先生からの質問に口頭で答える方式

集団テスト

  • グループで先生の指示に沿って行動したり、共同してひとつの作業を行う
  • グループ内での仲間とのコミュニケーション能力が問われる

運動テスト

ボールを使った運動や屈伸運動、音楽に合わせたリズム体操など

「1学年4クラス」「1クラスの定員34名」ということで、倍率は7~8倍になるという学習院初等科。

伊藤恵吾さんが超難関小学校の受験を突破したのはすごいですが、さらに弟さんも突破しているので、ご両親の教育の賜物とも言えそうです。

学習院初等科の場所

学習院初等科の場所は「東京都新宿区若葉1-23-1」。

伊藤恵吾さんの実家でもある「伊藤歯科医院」からは電車で約50分かかります。

小学生の頃から往復約2時間の通学・・・!

お坊ちゃんも大変ですね;

スポンサーリンク

伊藤恵吾の学歴②学習院中等科

学習院中等科
引用:学習院中等科ホームページ

伊藤恵吾さんは、2007年3月に学習院初等科を卒業後、同年4月に学習院中等科に入学しています。

学習院初等科から中等科へは、原則全員進学できるそう。

学習院は、中等科・高等科は男子校と女子校に別れているので、佳子さまと同級生だった伊藤恵吾さんも、中学・高校は別の学校ということになります。

ただ、文化祭やスポーツの試合の応援などで交流があり、男子・女子の仲は良いのだとか。

伊藤恵吾さんは同窓会幹事もしていたようです

学習院中等科の偏差値

学習院中等科の偏差値は「66」です。

外部から受験した人にとっては難関校となります。

伊藤恵吾さんは初等科からのエスカレーター入学なので、中等科の偏差値は入学に関係ないでしょう。

学習院中等科の場所

学習院中等科は「東京都豊島区目白1-5-1」にあります。

伊藤恵吾さんの実家「伊藤歯科医院」からは電車で約40分です。

初等科のときより往復で20分短縮されましたね^^;

だいぶ通学が楽になったのではないでしょうか

伊藤恵吾の学歴③学習院高等科

学習院高等科
引用:学習院高等科ホームページ

伊藤恵吾さんは2010年3月に学習院中等科を卒業後、同年4月に学習院高等科に入学。

中等科から高等科へも、基本的にはエスカレーターで進学できるようです。

学習院高等科の偏差値

学習院高等科の偏差値は「68」です

  • 早稲田大学高等学院の偏差値は「75
  • 慶應義塾高等学校の偏差値は「76

なので、早慶よりは低い偏差値ですね。(とはいえ「難関校」の1つです!)

伊藤恵吾さんはエスカレーター入学なので偏差値は入学に関係ありませんが、「成績優秀」だったとか。

実家が歯科医院なので、継ぐために一生懸命勉強していたのかもしれませんね!

学習院高等科の場所

学習院高等科は、中等科と同じ「東京都豊島区目白1-5-1」にあります。

通学も引き続き、片道約40分ですね。

小学校6年間は片道約50分、中学・高校は片道約40分。

なかなか大変だな;と思いますが、これだけ通っていれば長距離の通学は慣れたものでしょうね^^;

スポンサーリンク

伊藤恵吾の学歴④昭和大学歯学部

昭和大学旗の台キャンパス
引用:昭和大学ホームページ

伊藤恵吾さんは2013年3月に学習院高等科を卒業。

2014年4月に昭和大学歯学部に入学しています。

伊藤恵吾さんの実家が歯科医院で、学習院大学には歯学部がないため、必然的に外部の大学を受験したのでしょう。

昭和大学は、医学・歯学・薬学・保健医療の4学部がある「医系総合大学」。

8つの附属病院とクリニックも開設しているため、医療分野を志す人への環境が整っています。

大学受験を念頭に、中学・高校時代も勉強していたのでしょうね

昭和大学歯学部の偏差値

昭和大学歯学部の偏差値は「55.0」。

  • 明治大学 理工学部
  • 中央大学 経済学部・商学部
  • 法政大学 現代福祉学部

などと同じくらいの偏差値です。

MARCHレベル」と言えそうです

入試は一般的な大学のように、理科・英語・国語・数学などが出題され、「英語」の比重が大きそうです。

昭和大学歯学部の場所

昭和大学富士吉田キャンパス
昭和大学富士吉田キャンパス(引用:昭和大学ホームページ)

伊藤恵吾さんが通っていた「昭和大学歯学部」は

  • 1年次:富士吉田キャンパス(山梨県)
  • 2~4年次:旗の台キャンパス(東京都品川区)
  • 4~6年次:洗足キャンパス(東京都大田区)

で学びます。

1年次は医学部・歯学部・薬学部・保健医療学部の1年生が全員、1年間の全寮生活を送るそうで、キャンパス内には学生寮・実習棟・研究棟のほか、図書館・野球場・温水プール・乗馬など、充実した設備が整っているようです。

伊藤恵吾さんは大学までアイスホッケーをしていたそうなので、スポーツを楽しんでいたかもしれないですね

スポンサーリンク

伊藤恵吾の経歴・アイスホッケーで国体出場

伊藤恵吾と弟の幼少期
引用:4years.

伊藤恵吾さんは、小学4年生の頃、弟の悠吾さんと共にアイスホッケーを始め、大学まで続けています。

高校時代には東京都代表メンバーに選ばれ、国体出場経験もあるとか。

▼大学時代の試合の様子はこちら。(背番号17が伊藤恵吾さん)

素人目でも、パック(ボール)の扱いが上手いことがわかりますね!

伊藤恵吾さんのポジションは「FW(フォワード)」だそうで、大学6年の秋の大会では「最多ポイント賞」を受賞し、弟と共に表彰されていました。

父親も学生時代はアイスホッケー部に所属していたそうで、父・長男・次男揃って文武両道のようですね!

伊藤恵吾の職場

歯科医師・伊藤圭吾のプライベート写真
引用:伊藤恵吾さんFacebook

伊藤恵吾さんは、2022年8月時点、日本大学歯学部 歯科補綴学第III講座で学びながら、父親が理事長を務める「伊藤歯科医院」で働いています。

日本大学歯学部 歯科補綴学第III講座

「日本大学歯学部 歯科補綴(ほてつ)学第III講座」には2020年4月に入局。

被せ物や入れ歯、インプラントなど、いわゆる審美歯科に関する知識を学んでいるようです。

歯科補綴学第Ⅲ講座

  • 歯を失ったことで発音・咀嚼などの機能、審美などの口腔内の疾患に対し、主にクラウン・ブリッジ(取り外ししない被せ物)を用いて修復を行う
  • 三年次後期にクラウン、四年次にブリッジについて、歯を削る練習からクラウンおよびブリッジの装着に至るまでの治療の流れや概要、用語の基礎知識について講義と実習を行い、理解することを学修目標とする
  • 補綴装置(クラウン・ブリッジなど)の接着方法、装着後の変化、材料の強度などの研究も行う

伊藤歯科医院もインプラントや入れ歯などの診療メニューがあるので、その分野の専門性を高めたいと思ったのかもしれませんね^^

伊藤歯科医院

伊藤恵吾さんのご実家は、東京都練馬区氷川台にある「伊藤歯科医院」。

伊藤歯科医院
引用:Google map

1Fが診療スペース、上階が住居スペースとなっているようです。

伊藤恵吾さんの父・伸介(しんすけ)さんが理事長を務め、伊藤恵吾さんと弟・悠吾さんが、「歯科医師」として勤務しています。

  • 開業60年
  • 理事長(父・伸介さん)は3代目

という、長く続く歯科医院で、地域の評判もかなり良いようです。

通いたくなる歯医者さん」なんて口コミも複数ありました!

伊藤恵吾さんは長男なので、将来は理事長となるのかもしれませんね。

まとめ

伊藤圭吾さんのWikiプロフ、学歴・経歴、勤務先 まとめでした!

  • 小学校から高校まで学習院に通い、アイスホッケーで国体出場経験もある
  • 実家は「伊藤歯科医院」で、父・弟と一緒に働いている

ことがわかりましたね◎

弟さんとは小学校から高校まで一緒、アイスホッケーも一緒。

父親も学習院出身で、アイスホッケー部に所属していたので、家族仲はとても良さそうです。

顔写真からも人柄が良いのが伝わり、両親もきっと素敵な人たちなのでしょうね^^

関連記事

【家族】伊藤恵吾の父弟もアイスホッケー選手!母親は学習院で紀子様と同級生

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-皇室・皇族関連

error: Content is protected !!

© 2022 とれまとぶろぐ